カテゴリー別アーカイブ: 未分類

解剖学的肢位

みなさんこんにちは、西船橋駅より徒歩3分のところにある西船整体院です。

よく「姿勢を良くしなさい」という言葉を聞きますが、良い姿勢とはどのようなものでしょうか?

解剖学には解剖学的肢位というものがあります。解剖学的肢位は簡単に言えば人体の基本的な姿勢、理想的な姿勢と言えます。つまり、解剖学的肢位をとっていれば関節や筋肉にストレスはかかりにくいということなのですが……

解剖学的肢位では手のひらは前方に向いています。

でも考えてみてください。パソコンをしたり字を書いたりなどの作業時に手のひらは下(後方)を向いています。解剖学肢位とは反対向きです。人の日常生活において手のひらが正しい方向(解剖学的肢位)に向くことは意外と少ないのです。

そんな状態を続けていれば当然腕は内側に捻じれていきます。

腕が内側に捻じれると今度は肩が内側に入ってきます。

肩が内側に入った状態は当然肩に負担がかかり肩こりの原因となります。。。

逆にいうと、肩こりを解消するためには腕が内側に捻じれているのを何とかすることも方法の一つとして考えられるということです。

食後に眠くなるわけ

こんにちは、西船橋駅より徒歩3分のところにある西船整体院です。

ごはんを食べた後に眠くなる理由として、胃が活動するときは副交感神経が優位になるということが考えられます。

人の自律神経は交感神経と副交感神経からなり、簡単に区別すると、交換神経は活発的に活動しているときに優位になり、逆に副交感神経が優位になると人はリラックスします。

胃に食べ物が入り胃が活動を始めると副交感神経が優位になるので、リラックスして眠気が襲ってくるのです。

逆に言うと、食べ物を食べた直後に活発に動き回ってしまうと交換神経の方が優位になってしい、胃があまり動かず消化不良を起こしやすくなる可能性も考えられます。

身体の為にも食後しばらくはゆっくりするように心がけたいですね。

代償動作

こんにちは、西船橋駅より徒歩三分のところにある西船整体院です。

代償動作とは、ある動作を行うのに本来必要な機能ではない機能を使って動作を行うことをいいます。

例えば、腕を上にあげるときに上半身が横に傾いてしまうような動作がこれにあたります。本来、腕を上にあげるのには肩関節と肩甲骨が動けばよいのですが、それらの動きが悪い為に、背骨を横に傾けることで無理やり腕をあげているのです。

代償動作を行っていると、本来使うべき筋肉が使われずに弱っていくという問題と、本来使うべきでない筋肉を無理やり使っているのでその筋肉が疲れたり痛んだりしてしまうという問題などがおこります。

身体は常に柔らかく保ちバランスよく使っていく必要があるのです。

ド・ケルバン病

こんにちは、西船駅から徒歩3分の西船整体院です。

親指を広げたり動かしたりすることで手首に痛みが走る場合、ド・ケルバン病の可能性があります。

ド・ケルバン病とは、手首の親指側にある腱鞘とそこを通過する腱に炎症が起こった状態で、親指を動かすことでその炎症が起きた場所が痛む症状です。

妊娠出産期や更年期の女性などホルモンバランスに変化がある時期にもなりやすいそうですが、基本的には親指の使い過ぎでなることが多いようです。

仕事でパソコンを使うことが多い人、フライパンをかえしたり包丁をつかうことが多い主婦などがド・ケルバン病になりやすいといわれますが、最近はスマホのいじり過ぎなどでなる人も多いようです。

ジャンパー膝について

こんにちは船橋市にある西船整体院です。

ジャンパー膝は、飛んだり跳ねたりの動作を繰り返すことで膝に痛みが出てくるもので、症状としては前回ブログで紹介したオスグッド病と非常に似ています。

ジャンパー膝とオスグッド病の違いは、オスグッド病では飛んだり跳ねたりの膝への負担が脛骨粗面の剥離という形で表れるのに対し、ジャンパー膝では膝蓋靭帯など膝周りの靭帯が炎症をおこす形で表れます。

オスグッド病が成長期の少年少女に出やすいのに対して、ジャンパー膝は成長しきった青年期以降に出やすいです。その理由は、骨がまだ完成しきっていない成長期の少年少女は脛骨粗面が剥離しやすいのに対し、成長して骨が完成した青年期では脛骨粗面の剥離がおきにくいので、膝への負担は膝蓋靭帯の炎症などの形であらわれることが多いからです。

オスグッド病について

こんにちは、西船橋駅近くの西船整体院です。

本日はオスグッド病についてお話したいと思います。

太ももの前側の筋肉である大腿四頭筋は、膝蓋骨(膝のお皿)を包んで下腿の脛骨粗面という場所に停止(付着)します。

成長期の子供の骨は成人の骨に比べて軟らかいです。

オスグッド病とは、成長期の少年が跳んだり蹴ったりする動作を頻繁に行う事で、まだ軟らかい脛骨粗面が剥離してもり上がってしまう状態をいいます。

オスグッド病になると、跳んだりはもちろん階段の昇降などでも膝に痛みが生じます。

治療法としては、まずは冷やすこと。そして、痛みがあるうちはスポーツなどを控えることです。

成長期が終われば骨は硬い大人の骨になっていくので症状は緩和されていくようです。

熱中症について

こんにちは、西船整体院です。

日本の夏が暑い。暑くてしんどいですね。以前の夏に比べ、

暑さ2割増しでしょうか。

毎日のように、誰々が熱中症で倒れた、

とニュースになってます。

熱中症になるのは怖いですね。

暑苦しくて睡眠もなかなかしっかりと取れませんし、

疲れが抜けきりません。

熱中症は身体に疲れが溜まると余計になりやすいです。

そんなときは、整体で身体を整えて、

疲れを吹き飛ばしてしまいましょう。

身体を整えて、自己治癒力を活性化させるのです。

現代生活は人間にとって楽で良いことばかりと思われますが、

逆に楽すぎて、動かない身体は、姿勢も悪くなりやすく、

バランスが崩れます。

西船整体院で身体を整えて、

疲れ知らずの身体に生まれ変わりましょう。