冬の冷えを中から温める

皆さん、こんにちは(^O^)/

昨日吹き荒れた春一番の暖かさはどこへ行ったのやら。。

ここ船橋市、また寒さが戻ってきました↓↓↓

 

皆さんは身体を温める為にしている事は何でしょうか。

お風呂に入る?
たくさん着込む?

もちろん、どちらも間違っていません。

ただ、それだけですと、一時的な温かさにしかなりません。

身体の芯から温まるには、やはり、内臓の冷えを無くす事が重要になります。

 

☆食べるべきもの☆

・にんじん、ゴボウ、かぼちゃなど根菜類
・りんごなど寒い地方で摂れる食べ物
・紅茶
・生姜、香辛料

☆避けるべきもの☆

・きゅうり、トマトなど夏野菜
・マンゴー、パイナップルなど暖かい地方で摂れる食べ物
・コーヒー

etc….

大まかに分けたのですが、意外とご存じの方も多いかもしれないですね。

しかし!

注意するのはこれだけではありません!

身体を芯から温かくするために、もうひとつ。

『血液の流れす。

 

血液は身体中に熱を運ぶルートであり、流れが良いほど身体が温まる、とされております。

本来、野菜は生で食すと身体が冷えると言われておりますが、血液サラサラにするには、生野菜の方が適しているのです。

『じゃあどうすりゃいいんだよ!?

と思ったそこのあなた。

簡単です。

 

常温にて食べればよいのです!!

 

・・・いたって真面目ですよ。

血の流れが悪いと、手足の末端まで温かくならず、冷えが改善されません。

冬野菜を少し生で食べて、血液の循環をよくしておきましょう。

 

身体の冷えが慢性化してしまうと、頭痛、肩こり、腰痛はもちろん、疲れが取れなかったり、生理痛が酷くなったり・・といい事無しです。
脂肪も減りづらくなります。

なので、冷えは厳禁!!!

食べ物に注意。
食べ方にも注意しましょう。